ヘアアレンジでイメージチェンジ!

女性は髪型でイメージがガラリと変わります。
髪型で相手に与える印象が全く違います。
ですから自分の髪をアレンジできる技をもっていると色んな自分をアピールできますね。
しかしヘアアレンジと言っても大したことをする必要はありません。
例えば、普段は髪を下ろしているけれど髪をアップにするということもヘアアレンジの1つです。
前髪だけをアップにするということも立派なヘアアレンジです。


前髪をアップにするときにはワックスを使って細かい髪が落ちてこないようにしましょう。
前髪をアップにしただけでキュートなイメージや元気なイメージを相手に与えます。
さらに自分自身も明るいイメージになったり…と少しのことで気分が全然違いますよね。
ロングヘアの人は会社では髪をアップにしている人も退社時になれば下ろしている人って多いですよね。
髪をアップにするときと下ろしているときでは気分の切り替えにもなります。
意中の彼がいる人はいつもと同じ髪型ではなく、ちょっとアレンジしてみましょう。
そうすると『アレ?いつもと違う』なんて思ってくれるかも知れませんよ。

ヘアアレンジを使い分ける

6月になればjune brideと言われるようにたくさんのカップルが結婚式を挙げられますよね。

結婚式やパーティーに出席するときにどんなヘアスタイルがいいのか悩んでしまう女性も多いでしょう。

このように結婚式やパーティでのヘアアレンジはどうしたらいいのでしょう。

まずは結婚式やパーティに呼ばれて出席するのか、それとも主役なのか…というポジションによりますね。

自分のポジションを把握してからヘアアレンジをしたいものです。

お祝いの席では主役と引き立て役というポジションに分かれます。

自分が主役であれば主役らしく華やかでゴージャスなヘアアレンジがいいでしょう。

ヘアアクセサリーも主役らしくドレスにあわせて華やかさを十分に演出してもいいですよね。

しかし引き立て役はそうではありません。

引き立て役というのはパーティや結婚式に呼ばれて出席しているわけですからお祝いをしに来ているということを忘れてはいけません。

お祝いをしに来ているにも関わらず主役よりも目立ってしまった…なんてことになると違う意味で注目の的となってしまいます。

主役よりも目立ってしまうドレスやヘアアレンジはNGです!

引き立て役の場合はドレスとのバランスを考えたヘアアレンジがベストです。

控えめであるにも関わらず品のあるアレンジをすることをオススメします。

ヘアアクセサリーなどは大きめでもOKですがアクセサリーの色が控えめならOKなのです!

まとめ髪でもアクセサリーでアクセントをつけてシンプル且つ大人の気品を演出できればステキな女性に変身できますね。

どういう立場で出席し、どのような場所に出席するのかによってヘアアレンジを使い分けるようにしましょう。

簡単ヘアアレンジ

髪をまとめるときって結構、人前に出ることが多いときじゃないでしょうか?
結婚式やパーティ、式典、イベント…などなど髪をまとめていると服装も合わせやすいですよね。
ドレスや正装をしているのに髪はまとまりがなくボサボサのまま…なんてワケにはいきません。
わかりやすい例とすれば着物でロングヘアのままという人はあまりいないでしょう。
ほとんどの人が着物や浴衣を着ているときは髪をアップにしていますね。
髪をまとめることでファッションもより一層引き立ちます。
髪もファッションの1つです。
髪がボサボサのままではステキな衣装も台無しですよね。

まとめ髪をマスターしていれば衣装にあったアレンジもできます。
和装であればかんざしやピンを使ったり、ドレスであればまとめ髪の毛先をカールしてみたり…
まとめ髪は上品な女性、華やかな女性、大人の女性を演出してくれること間違い無しです!
お子様の場合はお団子などがカワイイですよね。
ロングヘアではなくセミロングの人でもまとめ髪はできます。
ですから雑誌やインターネットなどで『まとめ髪のつくり方』があるので参考にし、ファッションによってまとめ髪をアレンジすることも自分自身の見せ方としてマスターしておくといいでしょう。